茨城の樹木葬について

subpage01

最近では茨城でも自然葬が注目を集めています。

茨城の自然葬といってもいろいろありますが、墓石の代わりに樹木を墓碑として遺骨を埋葬する樹木葬が特に人気です。


同じ茨城の自然葬の中には、粉末化した遺骨を海上や山林に撒くスタイルの散骨というものがあります。こちらは90年代から少しずつ行われるようになってきましたが、手を合わせて拝む対象がないため、あまり一般的に行われているわけではありません。

また、墓地以外の区域に遺骨を埋めてはいけないという法律もありますし、散骨という行為はグレーゾーンにあると言えるでしょう。

樹木葬の場合は自然の山林に散骨するわけではありませんし、許可を得た墓地に遺骨を埋葬するという形式です。


樹木葬にはいくつかの方法がありますが、遺骨を埋葬する度に1本の苗木を植えるというスタイルと、墓地の中央に樹木を植えてその周辺に遺骨を埋葬するというスタイルがあります。

BIGLOBEニュース情報探しならこちらをご確認下さい。

また、墓地の中央に樹木を植えてその周辺に遺骨を埋葬するスタイルの場合、プレートなどに名前を刻む形式と、遺骨を粉末化して名前を出さない形式があるため、墓地の管理者などに聞いておくと良いでしょう。
ちなみに、地方のお寺などが所有する山林を墓地を使うこともありますし、都市近郊の墓地で敷地の一部または全部を使用することもあります。



最近開発された墓地には樹木葬のための区域が設定されていることがほとんどであり、公営墓地にもそのような区域が設定されていることが多いです。