茨城で樹木葬墓地を購入する

subpage01

自然に還りたいということのほかに、継承者が必要ではないという理由で茨城では、樹木葬墓地を選択した人も多くいます。
家族の形態の変化により遺族を持たない人や、いたとしても墓地の継承を望まない人も茨城にはいます。
樹木葬墓地では遺骨はそのままにしておいても自然に還りますし、墓地は契約者が収めた環境管理費で全体を管理していきますので、自分が死んだあとのことを個人的に誰かに託すということもありません。

仏教でいうところの弔い上げの33年までは同じ墓所が、ほかの人に使われてしまうということもありません。

今、評判なのはこちらの日本経済新聞の特別な情報を載せています。

もちろん子供に継承することも可能になっています。法要は年1回営まれ、契約をした本人が生前から足を運んで、いずれは一緒に入る者同士ということで隣の墓地を購入した人とお隣同士よろしくお願いしますと、仲良くなってしまう茨城の人たちもいます。


一人暮らしだったり、家族が高齢や病気だったりして遺骨を墓地まで運んでいけない人たちもいますが、そんな人たちは生前の契約で、遺骨を運ぶ業者も存在しています。



樹木葬墓地を求めている人は、自分の死後の自立を考えている人が多くいます。
ですがこれらの墓地を購入したからと言ってすべて自分が死んだあとのことが完了したわけではありません。



自分が死に至るまで、死んだあとの計画を具体的に考えて、書き残してそれを実行してもらうために生前に契約を行って初めて、自分が死んでしまった後の自立ができてくるようになります。