茨城で樹木葬を行うことができます

subpage01

墓地の使用料と管理費を納めて使用権を入手した雑木林の一画に、遺骨を埋めることを樹木葬と呼んでいます。ウメモドキやヤマツツジなどの木を植えて、目印になる名札を立てます。

エキサイトニュースにはこちらのサイトが最適です。

墓石もなければカロートもありません。囲いの外枠も設けることはしません。

山火事や環境に配慮して、お参りに行くときはお供え物や線香はなく、お花をお供えするだけになります。
やがて年月がたっていくと墓標として植えた樹木が成長して花をつけ、その下で眠っている遺骨は雑木林の自然の中に還っていきます。



茨城にも樹木葬墓地があります。
この樹木葬というのは、葬儀のスタイルではなく遺骨がお墓に入るスタイルが一般的なお墓なのか、上記のような自然に還るタイプのものになるのかの違いになります。

樹木葬というときには、墓石の代わりに樹木を墓標として植えてあるところに遺骨を納める、樹木墓を利用する埋葬方法を樹木葬と呼んでいます。
永代供養墓の新しいスタイルとしていま注目を集めている埋葬方法になります。樹木墓にはいろいろなタイプがあり、シンボルツリーを植えてその周りに遺骨を埋葬するタイプや、里山全体が墓地となっているタイプがあります。



茨城でもこの樹木墓を望んでいる人たちも多くいます。


少ない土地に多くの遺骨を納めることができることから、墓地不足の解消を求めて樹木墓地の募集をしている、自治体が管理する霊園もあります。

茨城でこのお墓を求めるときは自分でどのようなお墓をイメージしているのかよく検討し、調べてから選ぶようにしてください。